浜松新電力ホーム > 会社概要 > 代表挨拶

代表挨拶

浜松市のエネルギー自給率向上
市内経済の活性化に貢献します。

ご挨拶

浜松新電力は、政令指定都市のなかで全国初の地域新電力であり、地元の再生可能エネルギーを最大限活用し、多彩なサービスをお届けしております。現在、当社における電気の地産地消率は平均80%を超えているほか、太陽光が最大限能力を発揮する昼間に料金がお得になるプランやCO2ゼロプラン、また地域の創省蓄エネ支援など、特色あるサービスを提供しております。

浜松市様は、2020年3月に全国に先駆け、2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指す、浜松市域“RE100”※を表明されました。浜松新電力は、この取り組みの主な柱である、再生可能エネルギーの導入及び利用拡大を中心に、その実現に向け、貢献してまいります。また、市内の豊富な再生可能エネルギーを活用し、災害時のエネルギーセキュリティー向上などにも貢献していきたいと考えております。

経済や地域生活の要である電力システムは今、大きな変革期を迎えております。また、地球温暖化や、度重なる気象災害などへの対応が求められる中、発電時にCO2を排出しない再生可能エネルギーや大規模停電など非常時にも対応できる分散型電源の重要性は増すばかりです。

これからも、浜松市様、共同出資者の皆様、並びに市民の皆様からのご支援を頂き、浜松市での新電力事業をしっかりと担い、先進的なエネルギー政策の実現、ひいては更なる地域活性化へ貢献できるよう努めて参ります。

代表取締役 平形 直人

※浜松市内の再エネ電源≧浜松市内の総電力使用量とする浜松市の独自定義