浜松新電力ホーム > 会社概要 > 代表挨拶

代表挨拶

浜松市のエネルギー自給率向上
市内経済の活性化に貢献します。

ご挨拶

浜松新電力は、政令指定都市として全国初の地域新電力であり、地元の再生可能エネルギーを最大限活用した電気の地産地消を行って参ります。
この事業を通じて、浜松市のエネルギー自給率向上、市内経済の活性化に貢献し、また、将来的には市内の豊富な再生可能エネルギーを活用し、災害時のエネルギーセキュリティ向上などにも貢献していきたいと考えております。
事業開始時の電源は、市内の太陽光発電と清掃工場のバイオマス発電を確保しており、規模としては約1万kWとなりました。これを浜松市内の小中学校などの公共施設をはじめ市内の民間企業様の施設へ提供して参ります。

電力システムはまさに今、大きな変革を迎えております。
これからも様々なハードルが待ち構えていると考えていますが、浜松市様、共同出資者の皆様、並びに、市民の皆様からのご支援を頂き、ここ浜松市での新電力事業をしっかりと担い、浜松市様のエネルギー政策実現に向けたお手伝いをさせて頂き、ひいては浜松市の皆様へ貢献ができるよう努めて参ります。

代表取締役 安本 一美